実装のテスト

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

グラフィックの実装をテストするために、次の情報を確認してください。

ベンチマークには、各フェーズで次のフローを使用します。

  • 仕様: 最初にデバイスを指定する場合には(未成熟なドライバを使用する場合など)、事前に定義済みの(固定の)クロックとワークロードを使用してレンダリングのフレーム/秒(fps)を測定します。これにより、ハードウェアの能力を明確に把握できます。
  • 開発: ドライバが成熟したら、固定セットのユーザー アクションを使用して、アニメーションの途切れ(ジャンク)の数を測定します。
  • 製品版: デバイスが競合相手と比較できるようになったら、途切れが増加するまでワークロードを増やします。現在のクロック設定が負荷に対応できるかどうか判断してください。クロックを下げる場所を見つけて、電力消費を抑えることができます。

仕様の段階でデバイスの能力を導き出すには、platform/frameworks/native/cmds/flatland/ にある Flatland ツールを使用します。Flatland は、固定のクロックを使用して、合成ベースのワークロードで達成できるスループットを測定します。gralloc バッファを使用して複数ウィンドウのシナリオをシミュレートし、GL でウィンドウを塗りつぶしてから合成を測定します。