ResultReporterからのログファイルの処理

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

場合によっては、テスト結果のみにアクセスするだけでは不十分です。全体的な結果を完了するには、ログファイルを用意する必要があります。

ログインターフェイス

結果レポーターまたはテストイベントは、 ILogSaverListenerを実装することでログにアクセスできます。これにより、レポーターはさまざまなコールバックを介してログを受信できます。

  • testLogSaved :ファイルがログに記録されるとすぐに呼び出されます。これは、新しいファイルがログに記録されたことを通知します。これはいつでも呼び出されます。
  • logAssociation :テストイベントとともに順番に呼び出されます。これにより、ログに記録されているファイルと進行中のイベントの間の強力な関連付けが保証されます。

このインターフェースを実装することにより、結果レポーターはログに記録されたファイル参照にアクセスしてそれらを使用できます。

logAssociationを使用する場合

logAssociationは、イベントのコンテキストに依存して適切に解釈されるため、少し複雑なイベントです。たとえば、 testStartが呼び出された場合、 logAssociationからのログは進行中のテストケースに属します。

この強力な関連付けにより、ログを正しく配置できます。