Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

ATSを使用したUIConductorテストの実行

Android UIConductor (UICD)は、ユーザーがUIインタラクションを記録し、画面コンテンツを検証することでテストワークフローを作成できるようにするツールです。 Android Test Stationは、UICDからエクスポートされたテストの実行をサポートしています。

設定

ATSでUICDテストを実行するには、必要なテストスイートとデバイスアクションを含むUIConductor構成をインポートする必要があります。

  1. [設定]を開き、[構成セット]タブに移動します。

  2. [インポート]をクリックして、 UIConductor構成セットを選択します。 Google CloudStorageにアクセスするにはATSを承認する必要がある場合があります。

    構成のインポート

    1.UIConductor構成のインポート

テストを実行する

  1. UIConductorテストのテスト実行をスケジュールします([テストスイート]> [ UIConductor]の下)。このテストスイートは、エクスポートされたUICDテストを実行するために使用できます。

    テスト実行のスケジュール

    2.UICDテスト実行のスケジュール

  2. Install UIConductorを追加して、必要なUICDドライバーをインストールします。

    デバイスアクションを追加する

    図3.必要なデバイスアクションの追加

  3. 実行するUICDテストを選択します。デフォルトでは、ファイルはUICDからエクスポートされたJSONテストファイルを含むzipアーカイブであると想定されています。

    テストファイルを選択

    図4.実行するテストファイルの選択

  4. テストの実行を開始し、完了するのを待ちます。実行中に生成されたスクリーンショット、XMLダンプ、およびログは、出力ファイルで利用できます。