3.5 mm ヘッドセット: アクセサリ仕様

この記事では、3.5 mm プラグ ヘッドセットが Android エコシステム全体で均一に機能するための要件を規定します。

デバイス メーカーは、3.5 mm ジャック仕様Android 互換性定義文書(CDD)を参照して、追加の要件を確認する必要があります。

機能

機能 アクセサリのサポート
ステレオ音声出力 必須
音声入力(マイク) 必須
アース 必須

コントロール ファンクションのマッピング

コントロール ファンクション アクセサリのサポート 説明
ファンクション A 必須 再生 / 一時停止 / フック(短押し)、アシストをトリガー(長押し)、次に移動(二度押し)
ファンクション B 省略可 音量アップ
ファンクション C 省略可 音量ダウン
ファンクション D 省略可 予約済み(Pixel デバイスで音声コマンドの起動に使用)

次のようにファンクションをボタンに割り当てる必要があります。

  • ボタンが 1 つのヘッドセットでは、ファンクション A を実装します。
  • ボタンが複数あるヘッドセットでは、次のパターンに従ってファンクションを実装します。
    • 2 つのファンクション: A と D
    • 3 つのファンクション: A、B、C
    • 4 つのファンクション: A、B、C、D

メカニカル

機能 アクセサリのサポート
4 コンダクター 3.5 mm プラグ 必須 EIAJ-RC5325A 規格を参照
CTIA ピン配列順序(LRGM) 必須 OMTP ピン配列に関する法的要件がある地域を除く
OMTP ピン配列順序(LRMG) 省略可
マイク 必須 ヘッドセット コントロールを操作するときにマイクを遮らないことが必要

電気

機能 アクセサリのサポート 説明
イヤホンのインピーダンス 16 オーム以上 32~300 オームを推奨
マイクの DC 抵抗 1,000 オーム以上 マイク特性は、現行の Android CDD のセクション 5.4(音声録音)に従う必要があります
コントロール ファンクションの等価インピーダンス* 0 オーム [ファンクション A] 再生 / 一時停止 / フック
240 オーム +/- 1% の抵抗 [ファンクション B]
470 オーム +/- 1% の抵抗 [ファンクション C]
135 オーム +/- 1% の抵抗 [ファンクション D]

*2.2 キロオームの抵抗器を通して 2.2 V のマイクバイアスを加えた状態でボタンが押されたときの、プラスの MIC 端子から GND までの合計インピーダンス

下記の図では、ボタン A はファンクション A、ボタン B はファンクション B(以下同様)にマッピングされています。

リファレンス ヘッドセット試験回路

下記のリファレンス ヘッドセット試験回路 1 の図は、4 セグメント プラグの CTIA ピン配列を示しています。OMTP ピン配列の場合は、MIC セグメントと GND セグメントの位置を切り替えてください。

リファレンス ヘッドセット試験回路 1

図 1. リファレンス ヘッドセット試験回路 1

下記のリファレンス ヘッドセット試験回路 2 の図は、この仕様を満たすために実際の抵抗値(R1~R4)を変更する方法を示しています。

リファレンス ヘッドセット試験回路 2

図 2. リファレンス ヘッドセット試験回路 2

マイクと並列のボタンの実際の抵抗値(R1~R4)は、マイクカプセルの抵抗値(Rmic)と等価インピーダンス値(ReqA~ReqD)に基づいて計算されます。次の数式を使用します。

ReqN=(Rmic*Rn)/(Rmic+Rn)

ここで、Rn は各ボタンの実際の抵抗値、ReqN は各ボタンの等価インピーダンス値(指定された値)、Rmic はマイクのインピーダンス値です。

上記の例では、マイクのインピーダンス(Rmic)を 5 キロオームと想定しています。R4 の場合、135 オーム(ReqD)の等価インピーダンスを実現するには、実際の抵抗値(R4)は 139 オームでなければなりません。