MIDI テストの手順

このテストは、Android デバイスの MIDI 機能を検証するために実行します。MIDI 機能が正しく実装されていることを示すには、このテストで基準を満たすことが前提です。

準備

ハードウェア

テストには次のハードウェアが必要です。

  • MIDI キーボードと USB コネクタ
  • Bluetooth Low Energy(BLE)対応 MIDI キーボード
  • USB ケーブル
  • メスの USB-A をオスのマイクロ USB または USB-C に変換する USB On-The-Go(OTG)アダプター
  • Android 6.0(Marshmallow)以降を搭載する Android デバイス
  • オプション(省略可): パソコン

USB と BLE-MIDI をサポートしている一部の MIDI キーボードでは、キーボード 1 台のみでテストを行うことができます。Akai LPK25 WirelessKorg Microkey Air などのキーボードが該当します。

アプリ

このテストでは複数のアプリが必要になります。アプリは GitHub プロジェクト android-midisuite のソースコードや、次の表にある Google Play™ のリンクから入手できます。

ソースコード Google Play™ 説明
MidiScope または MidiScope MIDI Scope 画面に MIDI メッセージを表示します
MidiKeyboard MIDI Keyboard オンスクリーン キーボードを押すと MIDI メッセージを送信します
MidiSynthExample または
MidiSynth
MIDI Synth Ex sawtooth オシレータを使用したシンプルな MIDI シンセサイザー
MidiBtlePairing MIDI BLE Connect Android デバイスと BLE 周辺機器のペアリング設定を行います
MidiTools 各アプリのライブラリ依存関係

Google Play™ 経由でインストールせずソースコードから作成する場合は、提供された Android.mk を使用してアプリを最初にビルドします。次に、Android Debug Bridge(ADB)を使用してアプリをインストールします。たとえば、MidiScope アプリをインストールするには次の操作を行います。

  1. ADB がインストールされたワークステーションを使用します。
  2. ワークステーションの USB ケーブルを Android デバイスに接続します。
  3. Android デバイスで USB 接続の許可が必要な場合があります。詳しくは、USB 周辺機器モードをご覧ください。
  4. ワークステーションで次のように入力します。
    cd THIS_FOLDER
    adb install -r MidiScope.apk
    

仮想シンセのテスト

MIDI 入力ポートに接続できるのは 1 つのアプリのみです。そのため、別のアプリで入力ポートを使用している場合はそのポートを使用できません。入力ポートに接続できない場合は、他のアプリを閉じてください。

必要なハードウェア: テスト対象の Android デバイス

シンプルな接続

必要なアプリ: MidiKeyboard、MidiSynthExample

デバイスの列挙、仮想デバイス、ポート接続、メッセージ送信をテストします。

  1. Android デバイスの音量を半分ほどに調節します。
  2. スマートフォンを横表示にします。
  3. MidiKeyboard アプリを起動します。
  4. プルダウン メニューから [SynthExample] を選択します。
  5. キーボードで音階を演奏すると、その音階が SynthExample アプリから聞こえます。
  6. [Back] ボタンを押すとアプリが終了し、ポートが閉じます。

USB テスト: ホストモード

必要なハードウェア: USB MIDI キーボード、USB ケーブル、OTG アダプター

このテストを何度か繰り返します。デバイスの接続や取り外しを数回繰り返すと、一部のプロトタイプ デバイスで USB スタックがクラッシュするという事例が報告されています。

すでに接続されたキーボード

必要なアプリ: MidiSynthExample または MidiScope

ホストモードの USB MIDI をテストします。

  1. Android デバイスの音量を半分ほどに調節します。
  2. OTG アダプターを使用して USB キーボードを接続します。
  3. SynthExample アプリまたは MidiScope アプリを起動します。
  4. メニューから USB キーボードを選択します。ブランド名が表示されます。
  5. キーボードで音階を演奏します。SynthExample を実行すると、演奏した音階がスマートフォンから聞こえます。MidiScope を実行すると、画面に [NoteOn] と [NoteOff] というメッセージが表示されます。
  6. キーボードを外します。[Sender for Synth] メニューに [- - - - -] と表示されます。
  7. [Back] ボタンを押すと、アプリが終了します。

ホットプラグ USB キーボード

必要なアプリ: MidiSynthExample または MidiScope

ホストモードの USB MIDI をテストします。

  1. Android デバイスの音量を半分ほどに調節します。
  2. USB MIDI キーボードが接続されていないことを確認します。
  3. SynthExample アプリを起動します。
  4. 中央の [Sender for Synth] の横にあるメニューには、どの USB キーボードも表示されません。
  5. OTG アダプターを使用して USB キーボードを接続します。
  6. 中央の [Sender for Synth] の横に表示する USB キーボードを選択します。ブランド名が表示されます。
  7. キーボードで音階を演奏すると、その音階がスマートフォンから聞こえます。
  8. 中央の [Sender for Synth] の横にある [- - - - -] を選択します。
  9. キーボードで音階を演奏しても、音は聞こえません。
  10. 中央の [Sender for Synth] の横に表示する USB キーボードを選択します。ブランド名が表示されます。
  11. キーボードで音階を演奏すると、その音階がスマートフォンから聞こえます。
  12. シンセサイザーの接続を外します。[Sender for Synth] メニューに [- - - - -] と表示されます。
  13. [Back] ボタンを押すと、アプリが終了します。

USB テスト: 周辺機器モード

必要なハードウェア: USB ケーブル、OTG アダプター

Android から Android

必要なアプリ: テスト対象となる Android デバイス上の MidiKeyboard と、もう 1 台の Android デバイス上の MidiScope。

別の Android デバイスの周辺機器コントローラとして Android デバイスを使用します。このモードをテストするには、別の Android デバイスをホストモードにします。設定を変更すると、GarageBand などのデジタル オーディオ ワークステーション(DAW)ソフトウェアを実行しているパソコンからでもこのテストを実行できます。

  1. テスト対象の Android デバイス(Android デバイス A)に USB ケーブルを接続します。
  2. OTG アダプターを使用して、ケーブルのもう一方の端をホストモードで動作する 2 台目の Android デバイス(デバイス B)に接続します。
  3. Android デバイス A で次の操作を行います。
    1. 画面の上から下にスワイプします。
    2. USB for Charging アイコンを選択します。
    3. [MIDI] を選択します。
    4. MidiKeyboard アプリを起動します。
    5. [Receiver for Keys] メニューから [Android USB Peripheral Port] を選択します。
  4. Android デバイス B で次の操作を行います。
    1. MidiScope アプリを起動します。
    2. 他の Android デバイスをソースとして選択します。
  5. Android デバイス A で次の操作を行います。
    1. キーボードで音階を演奏し、Android デバイス B に [NoteOn] と [NoteOff] が表示されることを確認します。

BLE テスト

必要なハードウェア: BLE をサポートする MIDI キーボード

基本的なペアリング設定と再生

必要なアプリ: MidiBtlePairing、MidiSynthExample

BLE 経由で Android に接続したキーボードをテストします。

  1. Android デバイスを再起動します。
  2. BLE キーボードの電源を入れます。
    (Miselu C.24 キーボードは、上部のボタンを押すと鍵盤がもちあがって電源が入ります。ペアリング モード時、C.24 の電源ボタンは青く点灯します)
  3. MIDI+BLE のアイコンをタップして MidiBtlePairing アプリを起動します。
  4. [Bluetooth Scan] を押します。
  5. テストする BLE 周辺機器を選択します。
  6. アプリの画面がメインページに戻り、周辺機器が一覧で表示されます。C.24 を使用している場合は、C.24 のライトが緑色に変わり、ペアリング モードになったことを確認できます。
  7. [Back] ボタンではなく、[Home] ボタンを押してアプリを終了します。
  8. SynthExample アプリを起動します。
  9. 送信デバイスとして、メニューから BLE キーボードを選択します。
  10. BLE キーボードのキーを押すと、Android からその音階が聞こえます。