Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

OTA アップデート

フィールド内の Android デバイスでは、システム、アプリケーション ソフトウェア、タイムゾーン ルールの無線(OTA)アップデートを受信してインストールできます。このセクションでは、アップデート パッケージの構造とそのビルドに使用されるツールについて説明します。新しい Android デバイスで OTA アップデートを動作させようとするデベロッパーと、リリース済みデバイス向けのアップデート パッケージをビルドするデベロッパーを対象としています。

OTA アップデートは、基盤となっているオペレーティング システム、システム パーティションにインストールされている読み取り専用アプリ、またはタイムゾーン ルールをアップグレードするためのものです。このアップデートは、ユーザーが Google Play からインストールしたアプリには影響しません

A/B(シームレス)システム アップデート

現在の Android デバイスには、パーティションが 2 つ(A と B)用意されており、システムが稼働しているがアイドル状態のときに未使用のパーティションに対してアップデートを適用できます。A/B デバイスはアップデート パッケージをダウンロードするためのスペースを必要としません。これはネットワークからアップデートを読み込みながら適用できるためで、「ストリーミング A/B」と呼ばれます。A/B デバイスの OTA アップデートの詳細については、A/B(シームレス)システム アップデートをご覧ください。Android システムアップデート API(update_engine)を使用して A/B アップデートをインストールする例を示したサンプルアプリについては、SystemUpdaterSample をご覧ください。なお、アプリの詳細は updater_sample/README.md をご覧ください。

非 A/B システム アップデート

以前の Android デバイスには、ダウンロードしたアップデート パッケージを解凍して他のパーティションに適用するために必要なソフトウェアを含む専用のリカバリ パーティションがあります。詳細については、非 A/B システム アップデートをご覧ください。

タイムゾーン ルールのアップデート

Android 8.1 以降では、OEM はシステム アップデートを行わずに、アップデート済みのタイムゾーン ルールのデータをデバイスにプッシュできます。この機能により、ユーザーはタイムリーなアップデートを受信でき、Android デバイスの有効期間が延長され、OEM はシステム イメージのアップデートとは独立してタイムゾーンのアップデートをテストできます。詳細については、タイムゾーン ルールをご覧ください。