Tradefed でのテスト

Tradefed でのテストは、必要なテスト手順のために Android デバイスを制御できるテストランナーによって実行されます。

1. 新しいテストランナーを作成する

ここでは、新しい Tradefed テストランナーを作成する基本を学びます。これは、まったく新しいタイプのテストをサポートし、新しいランナーを最初から開発する必要がある場合に特に便利です。

手順については、Tradefed テストランナーを作成するをご覧ください。

2. シャード可能なテストランナーを作成する

テストランナーをシャード可能にする方法も学べます。シャード可能なテストランナーにより、インフラストラクチャが複数のデバイスで(コロケートされているかどうかに関係なく)完全なテスト実行を分散できます。これは、テストのコーパスが大きく、実行を並列化して完了を早める場合に便利です。

手順については、シャード可能な IRemoteTest テストランナーを作成するをご覧ください。

3. ホストドリブン テストを作成する

ホストドリブン テストは、テスト実行がホスト側から行われ、テストの必要に応じてデバイスをクエリする、一般的なユースケースです。これは、デバイスの再起動など、テストで必要なデバイス操作がデバイスの状態自体に影響を与える場合に便利です。

テストランナー タイプは、Tradefed 内で、またはスイートを介して実行する場合に使用できます。

手順については、Trade Federation でホストドリブン テストを作成するをご覧ください。

4. テストの指標をレポートする

テストでは、実行結果に加えて指標もレポートするのが一般的です。テストランナーに応じて、指標をレポートする方法がいくつかあります。

例については、Tradefed テストの指標またはデータを報告するをご覧ください。

5. ログの自動収集

一部のログは、問題のデバッグでよく使用されます(例: Logcat)。そのため Tradefed には、ログを簡単に収集する自動収集メカニズムがあります。

使用方法については、障害発生時のログの自動収集をご覧ください。

6. テストの自動再試行

Tradefed を有効にすると、不合格を自動的に再試行したり、いくつかのテストを何度も反復して実行したりできます。

詳細については、テストの自動再試行をご覧ください。