オーディオ アクセサリの作成

ヘッドセット、ヘッドフォンのアンプ、マイク、DAC/ADC、ドックなどのオーディオ アクセサリを実装する場合は、アクセサリと Android デバイスとの接続方法について検討します。次のセクションでは、音楽ストリーミングやその他のオーディオ コンテンツを対象とした 3.5 mm 有線ヘッドセット接続、Universal Serial Bus(USB)接続、Bluetooth 接続について説明します。

3.5 mm ヘッドセット コネクタ経由のオーディオ

ほとんどの Android デバイスには、3.5 mm(ミニ)ヘッドセット コネクタが付属しています。 3.5 mm ヘッドセット仕様では、従来のステレオ出力とモノラル入力に加え、さまざまな Android デバイスとヘッドセット間の相互運用を可能とする基準インピーダンスと機能が定義されています。

USB 経由のオーディオ

Android では、次のモードで USB を使用できます。

  • 開発モード: オーディオには対応していません。
  • アクセサリ モード: Android Open Accessory(AOA)2.0 で用意されており、限定的なオーディオ機能を提供します。USB 経由でのカスタム オーディオの接続をご覧ください。
  • ホストモード: Android デバイスを USB バスとして動作させ、オーディオ インターフェースなどのさまざまな USB ベースの周辺機器を使用できるようにします。ホストモードを実装するデバイスでは、USB ヘッドセット仕様に準拠する USB ヘッドセットとの互換性が維持されます。ホストモードでのオーディオについては、USB デジタル オーディオをご覧ください。

Bluetooth 経由のオーディオ

Bluetooth 経由で Android に接続するアクセサリでは、Advanced Audio Distribution Profile(A2DP)接続を使用して音楽をストリーミング再生できます。A2DP を使用して Bluetooth でオーディオを再生するには、Android 1.5(API レベル 3)以降が必要です。Android のユーザーは、システムの [設定] > [Bluetooth] からこのプロファイルをサポートするアクセサリに接続し、他のアプリケーションを使うことなくアクセサリで直接音楽を再生できます。

Android 3.0(API レベル 11)では、BluetoothA2dp クラスを使用して A2DP 接続の操作が行えます。オーディオ アクセサリへ出力するカスタム アプリケーションを作成するには、Android 3.0 以上を使用する必要があります。

次の手順

Bluetooth 接続を使用するオーディオ アクセサリの作成手順は次のとおりです。

  • ハードウェア プラットフォームを選択するか、Bluetooth 通信と A2DP 接続プロファイルに対応したハードウェア デバイスを作成します。
  • ADK 2012 ファームウェア ソースコード<adk-src>/adk2012/board/library/ADK2/)を確認します。Bluetooth 接続を使用するオーディオ再生アクセサリの実装例があります。

注: ADK 2012 ソースコードには、Texas Instruments CC2564 チップ用に作成されたオープンソースの Bluetooth スタックが含まれていますが、標準の Host/Controller Interface(HCI)を実装する Bluetooth チップでも動作するように設計されています。

MIDI over USB と Bluetooth LE

USB と Bluetooth Low Energy の両方を、MIDI プロトコルのトランスポートとして使用できます。詳しくは MIDI をご覧ください。