3.5 mmヘッドセット:アクセサリ仕様

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

この記事では、3.5 mm プラグ ヘッドセットが Android エコシステム全体で均一に機能するための要件を指定します。

デバイス メーカーは、追加の要件について3.5 mm ジャックの仕様Android 互換性定義ドキュメント(CDD) を参照する必要があります。

機能

関数アクセサリのサポート
ステレオ オーディオ出力必須
音声入力 (マイク)必須
接地必須

制御機能マッピング

制御機能アクセサリのサポート説明
機能A必須再生/一時停止/フック (短押し)、トリガーアシスト (長押し)、次へ (2 回押し)
機能 Bオプション巻+
機能 CオプションVol-
機能 Dオプション予約済み(Pixel デバイスはこれを使用して音声コマンドを起動します)

次のようにボタンに機能を割り当てます。

  • すべてのワンボタン ヘッドセットは、機能 A を実装する必要があります。
  • 複数のボタンを持つヘッドセットは、次のパターンに従って機能を実装する必要があります。
    • 2 つの機能: A と D
    • 3つの機能:A、B、C
    • 4つの機能:A、B、C、D

メカニカル

関数アクセサリのサポートノート
4 導体 3.5 mm プラグ必須参考:EIAJ-RC5325A規格
CTIA ピン配置順序 (LRGM)必須OMTP ピン配置の法的要件がある地域を除く
OMTP ピン配置順序 (LRMG)オプション
マイクロフォン必須ヘッドセットのコントロールを操作するときに邪魔されてはなりません

電気

関数アクセサリのサポート説明
イヤースピーカーのインピーダンス16オーム以上32 ~ 300 オームを推奨
マイク DC 抵抗1000オーム以上マイクの特性は、現在のAndroid CDDのセクション 5.4オーディオ録音に準拠している必要があります。
制御機能 等価インピーダンス* 0オーム【機能A】再生/一時停止/フック
240 オーム +/- 1% 抵抗【機能B】
470 オーム +/- 1% 抵抗【機能C】
135 オーム +/- 1% 抵抗【機能D】

*2.2 kΩ の抵抗を介して 2.2 V のマイク バイアスが印加された状態でボタンが押されたときの、マイクのプラス端子から GND までの総インピーダンス

次の図では、ボタン A が機能 A に、ボタン B が機能 B に、というようにマッピングされています。

リファレンス ヘッドセット テスト回路

次のリファレンス ヘッドセット テスト回路 1 の図は、4 セグメント プラグの CTIA ピン配置を示しています。 OMTP のピン配置については、MIC セグメントと GND セグメントの位置を入れ替えます。

リファレンス ヘッドセット テスト回路 1

図 1.リファレンス ヘッドセット テスト回路 1

次の参照ヘッドセット テスト回路 2 の図は、実際の抵抗値 (R1 ~ R4) がこの仕様を満たすためにどのように変更されるかを示しています。

リファレンス ヘッドセット テスト回路 2

図 2.リファレンス ヘッドセット テスト回路 2

マイクと並列のボタンの実際の抵抗 (R1 ~ R4) は、マイク カプセルの抵抗 (Rmic) と等価インピーダンス値 (ReqA ~ ReqD) に基づいています。次の式を使用します。

Req N =(R mic *R n )/(R mic +R n )

ここで、R nはボタンの実際の抵抗、Req Nはそのボタン (提供されている) の等価インピーダンス値、Rmic はマイクのインピーダンス値です。

上記の例では、5 kΩ のマイク インピーダンス (Rmic) を想定しています。 135 オーム (ReqD) の等価 R4 インピーダンスを達成するには、実際の抵抗値 (R4) は 139 オームでなければなりません。