Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Androidランタイム(ART)

ARTモジュールは、最新のマネージドランタイムの最適化、機能、バグ修正をユーザーに提供することで、Androidエクスペリエンスを向上させることを目的としています。ユーザーは、デバイスに付属しているランタイムにとらわれることがなくなりました。開発者は、新しい機能を何年も待つ必要がなくなりました。ランタイムとライブラリの改善は、すべてのAndroidパートナー間で共有されます。

Androidランタイム(ART)とマネージドコアライブラリ(libcore)は、ネイティブランタイム(Bionic)とICUとともに、Android10のランタイムモジュールの取り組みの一部でした。

Android 11では、ARTとlibcoreは更新不可能なAPEXとしてパッケージ化されています。 BionicとICU(コードとデータ)はプラットフォーム上に残り、更新性を向上させるためにARTから分離されています。

モジュール計画

  • Android 12では、ARTモジュールは署名された更新可能なAPEXです。

  • Android 11では、ARTとlibcoreは更新不可能なAPEXとしてパッケージ化されています。 BionicとICU(コードとデータ)はプラットフォーム上に残り、更新性を向上させるためにARTから分離されています。

  • Android 10では、ARTとマネージドコアライブラリ(libcore)は、ネイティブランタイム(Bionic)とICUとともに、ランタイムモジュールの取り組みの一部です。

モジュール境界

プロジェクト名目的
artモジュールプロジェクト
external/apache-xmlモジュールプロジェクト
external/bouncycastleモジュールプロジェクト
external/okhttpモジュールプロジェクト
external/oj-libjdwpモジュールプロジェクト
libcoreモジュールプロジェクト
libnativehelperモジュールプロジェクト
system/core/libnativebridgeモジュールプロジェクト
system/core/libnativeloaderモジュールプロジェクト

パッケージ形式

ARTモジュールは重要なシステムコンポーネントであるため、APEXとして出荷されます。 APK内のアプリケーションとサービスを開始するには、ARTモジュールが存在している必要があります。