Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

音声ループバック ドングル

以下の図と写真は、ヘッドセット コネクタの音声ループバック ドングルを示しています。Chrome ハードウェア チームでは機能テスト用にこの回路とプラグを設計しましたが、他にも多くの利用方法があります。Android オーディオ チームではこれを使用し、エンコードされたシグナルを出力から送信し、該当する信号を入力で探すことによって、ラウンドトリップ オーディオ レイテンシを測定しています。この 2 つの間隔が、入力と出力のレイテンシの合計になります。この手法は OboeTester と CTS 検証ツールで使用されています。

以下の回路に基づくループバック ドングルは PassMark Software から入手できます。これは推奨や宣伝ではありません。Google は PassMark との協力関係はありません。

回路

回路

図 1. 回路図

出力信号によりマイク入力に過剰な負荷がかからないようにするため、約 20 dB 減衰させています。この抵抗負荷によって、マイクの極性スイッチは、音声ループバック ドングルが US/CTIA ピンアウト Tip Ring Ring Shield(TRRS)プラグであることを検知します。

外観

完成品の外観

図 2. 外観