Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

消費電力

省電力センサー

一部のセンサータイプは低電力として定義されます。省電力センサーは、ハードウェアで処理を行う際に低電力で機能する必要があります。つまり、SoC を実行しないでも機能する必要があります。低消費電力のセンサータイプは次のとおりです。

  • 地磁気回転ベクトル
  • 大きなモーション
  • 歩数計
  • 歩行検出
  • 傾き検出

複合センサータイプの概要の表では、省電力センサーに低電力(省電力センサー)アイコンが付いています。

主なメリットは電池使用量が少ないことであるため、高電力でこれらのセンサータイプを実装することはできません。省電力センサーは、毎日 24 時間有効にされるなど、極めて長時間有効になることが予想されます。電池の消耗が激しいため、高電力センサーとして省電力センサーを実装するよりも、省電力センサーをまったく実装しない方が得策です。

歩行検出のような複合低電力センサータイプは、ハードウェア内で処理を行う必要があります。

省電力センサーの電力要件を検証するには、特定の電源要件の CDD を参照し、CTS でテストを想定してください。

電力測定のプロセス

電力は電池で測定されます。ミリワットの値の場合、電池の公称電圧が使用されます。つまり、電圧が 4 V の 1 mA の電流は、4 mW としてカウントされます。

電力は SoC がスリープ状態のときに測定され、SoC がスリープ状態にあるときの数秒間を対象とした平均値が使用されます。これはセンサーチップによって使用される電力の急増を考慮するためです。

ワンショット ウェイクアップ センサーでは、センサーがトリガーされていないとき(SoC はウェイクアップしていないとき)に電力が測定されます。同様に、他のセンサーでは、ハードウェア FIFO にセンサーデータが保存されているとき(SoC はウェイクアップしていないとき)に電力が測定されます。

電力は通常、センサーが有効になっていない状態との差分で測定されます。複数のセンサーが有効になっている場合、電力の差分は、有効化されている各センサーの電力の合計以下である必要があります。加速度計が 0.5 mA を消費し、歩数検出が 0.5 mA を消費する場合、両方を同時に有効にしたときの電力消費は、0.5+0.5=1 mA 未満にする必要があります。