日和見的な位置情報を制限する

アプリがデバイスの位置情報をリクエストすると、アプリはリクエストへの応答を待つか、有効なロケーション リスナーを使用して日和見的な位置情報の更新を取得できます。これは Android 9 以前で利用可能(無制限)で、アプリがアクティブな位置情報の更新頻度のみを指定し、パッシブな頻度を空白のままにした場合に提供されました(パッシブなロケーション リスナーは位置情報の更新頻度を指定しないため、日和見的な位置情報の更新を受け取りません)。

Android 10 以降では、日和見的な位置情報の更新を取得するために、デベロッパーは FusedLocationProviderClient クラスからの受動的な位置情報の更新が必要であることを指定する必要があります。

融合された位置予測プロバイダ

アプリは、次の 2 つの方法で、 FusedLocationProviderClient クラスから日和見的な位置情報の更新を取得する頻度を指定できます。

  • setInterval パラメータの値より小さい値を setFastestInterval メソッドに指定します(0 ms 以上の値を使用してください)。
  • setFastestInterval を指定しないでおくと、値が自動的に設定されます。

影響

setFastestInterval の値を指定しないと、アプリに配信される位置情報の更新が大幅に減ることがあります。

実装

この機能を実装するには、FusedLocationProviderClient クラスの setFastestInterval メソッドの推奨値を指定する以外、何もする必要はありません。