AdServices

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Android 13 で導入された AdServices モジュールはプライバシー サンドボックス イニシアチブをサポートしています。このイニシアチブは、オンラインでの人々のプライバシーを保護するとともに、デジタル ビジネスで成功するためのツールを企業とデベロッパーに提供するテクノロジーの開発を目的としています。

詳しくは、Android デベロッパー サイトをご覧ください。

目的

プライバシー サンドボックス イニシアチブの目的は次のとおりです。

  • ユーザー情報を公開する必要のない新しい技術を構築する
  • パブリッシャーとデベロッパーがオンライン コンテンツを無料で提供し続けることを可能にする
  • 業界と協力して新しいインターネット プライバシー標準を構築する

モジュール境界

AdServices アーキテクチャ: モジュール境界がないまったく新しいコードです。

コードの場所: packages/modules/AdServices

図 1 は AdServices モジュールのセットアップを示しています。

AdServices モジュールの API 設計

図 1. AdServices モジュールの API 設計

AdServices モジュールのセットアップ

図 2. AdServices モジュールのセットアップ

パッケージの形式

パッケージの主な機能は APEX(com.google.android.adservices)で提供される予定です。

プライバシー保護 API の機能は APK(com.google.android.adservices.api)で提供される予定です。

SDK ランタイムの機能は APK(com.google.android.app.sdksandbox)で提供される予定です。

AdServices について詳しくは、以下のページをご覧ください。

依存関係

  • 新しいマニフェスト タグ(SDK を参照する)を解釈するための PackageManager の変更
  • SDKSandbox の新しい sepolicy ドメイン
  • SDKSandbox の制限: ストレージ、インテント、ブロードキャストなどの制限
  • 明確に定義された権限: 広告 SDK はアプリから権限を継承しない
  • サンドボックスの UID を処理するための OS の変更